新着記事
(06/22)大物をなぎ倒しながら勝利続ける14歳棋士 藤井聡太4段
(06/16)「you感モノ語り」6月号
(06/16)「you感モノ語り」5月号

2015年08月26日

子どもの頃から規格外「清宮」の愛される理由・・・

清宮幸太郎.gif

甲子園を終えての
清宮幸太郎選手の言葉だが

なんとも…!

まず「生まれ変わって」って
16歳が言う言葉だろうか。

(松田聖子の芝居がかった会見でしか聞いたことがない)

まだ16歳であり、甲子園に出る可能性もあと4回もある清宮が
「生まれ変わって」と口にしながら泣き出したときは
「何?」
「何を言うのだこの子は??」とちょっと慌てそうになった。

それほど上級生との野球が好きで
上級生を慕っていたということなのだろう。

これを涙ながらに言われると
上級生ならずとも涙を誘われてしまう。なんということだ。

ボキャブラリーが多くないからこそ
気持ちをつかまれてしまう
ストレートな表現だ。

しかし
「そもそも君は16だし
早稲田OBの集まりで野球やればよろし」

とも言えない雰囲気がある。

清宮は「メジャーリーグ」に行くからであって(本人談)
40過ぎまで帰ってこない、あるいはアメリカに骨を埋めるかもしれず
そんなことまで視野に入れての言葉なのかもしれない。

ひえ〜!!言葉のチョイスおそるべし。

遠くを見ているからころ
人生を見ている。足元は見ていない。

小さい頃から親父さんに「普通のことは言うな!」
しっかりしつけられてきたという。

それほど「大物」になるのを見越しての教育。
普通じゃない清宮幸太郎の普通じゃない人生が始まっていたのだ。

幼少から人一倍大柄で豪快なバッティング
和製ベイブルースの呼び声高く
「すごいすごいすごい〜!」って言われる評価と
「ちょっと騒ぎ過ぎじゃないの?」という声もあるが
(これには「潰してしまわないか」という心配も含まれる)

目標が高いところにあるから
彼としては当たり前のことを言っても
「ビッグマウス」と聞こえてしまうこともあるようだ。

幼少の頃から規格外だった彼は
全てがもう「期待」の上にある。
彼自身がその期待を越えるほど自信満々に生きることは
皆の幸せでもある。

クマさんみたいな顔や体型も含め懐の広さも感じる。

ってことで
清宮は今U18で世界にお目見えしようとしているわけで
そこでの活躍も見ものだ。


posted by 彩賀ゆう at 19:49| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビ的には求められるのかもしれないが…古市憲寿

古市憲寿.gif


ここ数年しばらく見てきたけど
いまだに
「普通思っても言わないよなあ〜」ってことを
どんどんばんばん口にする古市憲寿。社会学者である。

彼はきっと「オブラート」って何?ってくらい
特別な人だ。
まず「人に好かれよう」とかほぼ思っていない。

それを言って何の得になる?
ってくらいある意味バカ正直で損得勘定がないとも言える。
だが、率直なあまりいろんなものを貶めているってことも
気づいているのかいないのか。
もはや彼にとってはどうでもいいことのようだ。
突き抜けた新人類っていうのか。

それでもコメンテーター仕事が来るっていうのは
今求められている人なのだろう。

普通に考えたら言ってはいけないようなことを
あっさり口にするので、
そのあと、居合わせたゲストらは一斉に反論するのだが
「だって!そうじゃないですか〜!そもそも…」と
もっと過激な極論を展開してしまう古市氏。

他人に対しての想像力の欠如…と言えるかもなのだが
彼の場合は「え?なんでですか?そういう風に考えなきゃいいじゃないですか」
って不思議な顔をするだけだろう。

彼は勉学的には頭がいいのだが
世渡り的にはどうなのだ。

ラジオで存在を知ったのは随分前だが
その後NHKのニュースウェブのレギュラーになり
つるっとした顔を画面で観るようになったが

興味のないニュースには
(特にスポーツなど)
あからさまにつまらなさそうにふるまい
珍妙な発言を繰りかえし
橋本菜穂子アナに「どうしてそんなこと言うんですか(怒)?」
と言わせめちゃくちゃに憤慨させているのを見て

事故だな。事故。

と思ったりした。
そしたらNHK的には問題だったのだと思うが
民放にやたら出るようになった。

そこではむしろ「過激発言プリーズ!」といわんばかり。

今やここまで
「顔を晒し、次々と物議を醸す発言をし
その場でゲストみんなの敵にって集中砲火を浴びようとも
全く悪びれることのない」人材って
稀少も稀少なのである。

強いのか。

鈍いのか。

乾ききっているのか。

それが古市くん。
ポエマーのポエ君だ。
自分の世界に住んでいる。

古市くんは性行為が好きではない
と言っていた。潔癖症だからだという。
だからこの手の子孫は増えない。
でも彼のような感性の男子は増えつつあるように思う。

それが進めば子孫はチャラ男とマッチョばかりになってしまいそうだが
やはりどこかで突然変異して
古市くんのような男子ができてしまうのだろう。

話が飛躍したが

炎上する君(西加奈子の小説)
ここに出てくる男は足が燃えているのだ。

古市くんも常に足が燃えている気がする。
「こども?嫌いです。だって汚いじゃん」
って言っちゃうのって
若手論客ってもてはやされているけど
だたの幼稚な発言でしかない。

これらのトンデモ発言の印象によって

本来の古市くんのインテリジェンスを駆使した
専門の「これからの社会の真面目な話」
ちゃんと聞いてくれる人が少なくなりそうで
まあ勿体ない話ではあるけど

当の本人は何処吹く風って感じなんだろう。

まあ今後も「ニュータイプA」として観察し甲斐はありそうだ。
posted by 彩賀ゆう at 12:18| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

激しい闘いだった。100年目の甲子園の覇者は東海大相模。

平沢大河.gif

終わった。今年の夏も終わった。

45年前に優勝経験のある東海大相模だったので

初優勝の優勝旗を東北に…とも思ったが

9回の頑張りはもうアッパレとしか言いようがない。

しかし、昨日からの連投の佐藤世那は少し不利だった気がする。

どうにか決勝前にも休養日を入れて欲しいものだ。

それにしても甲子園は9回に何かが起こることが多い。

何も動かなかったものが9回に動くのだ。

力みなのか緩みなのか気合なのか疲れなのか。
プロ野球とは違って「9回」の重みは高校球児達にのしかかるようだ。

小笠原の投球はキレキレだったが
仙台育英それを見極めながらほんとに頑張った。
佐藤将太の
二死満塁からの同点タイムリースリーベースヒットには震えた。
そして実感がじわじわ来てからの
湧き上がるようなガッツポーズにも。

9回の小笠原のホームランで、
試合が小笠原劇場になってしまった。
彼の舞う姿をまざまざと見せつけられ空気が変わってしまったのだ。

10対6で幕を閉じたが、試合としては互角に近いものだったと思う。

いい試合をありがとう。そしてこれからも平和の中で101年目〜の甲子園を観たいと思う。
posted by 彩賀ゆう at 01:24| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

準決勝それぞれ。大差だったが、粘りに粘って散った2校。。。感動をありがとう。

加藤雅樹.gif

杉崎成輝.gif

仙台育英 対 早稲田実業

やはり佐藤世那。冷静さと類まれなるセンスを感じる。
それにしても仙台はなぜ皆あんなマッチョなんだ。
どんな練習をしているのだろうか。

早実は4人の投手を使った。後半は抑えが効いていたが
得点ならず。厳しい状況の中
後輩投手らを笑顔で激励し続ける加藤主将が素晴らしかった。

東海大相模 対 関東第一

この準決勝に導いた打者杉崎成輝だったが
ここでもフルに大活躍。潜在能力の高さを見せつける。
吉田投手とてもいい投球&送球
今回大事に使った小笠原投手だったが
吉田投手でもかなりイケそうな気がする。

オコエは前半ふるわなかったが
後半どうにかヒットを放てて1点につながった。
…のだがNHKニュースをはさんだので瞬間見られず。
関東一高、最後まで諦めず3点を返したのは執念。

さあ、20日は決勝。全くもって目が離せない。
posted by 彩賀ゆう at 00:45| 大分 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

大食い女子バトルに釘付け

もえあず 大食い .gif

最近また「大食い」自慢の若い女子が人気だ。
オシャレでかわいらしい彼女達、笑顔がまぶしい。

が…ひとたび料理の皿を目にすると、本能が目覚める。
食欲をカメラの前で露呈することに恥じらいはない様子。食べて食べて食べつくす。
最近有名なフードファイター女子、
アンジェラ佐藤、ロシアン佐藤、もえのあずき、木下ゆうか、ミスさちよなどなど、
三宅智子
の大食い暦は長い。
ひとりで番組を渡り歩いているギャル曽根とは一線を画し、

彼女達はあるときは仲間、あるときはライバルとして大食いのレースを戦う。
かつて食物バスター的な女性はわしづかみで口に詰め込めるだけ詰め込んだり、
それもままならず口の端から見苦しくはみ出ていたりして、
見てはいけないものを見たような気持ちに襲われた。

しかしそういう人は消えた。最近は「綺麗に食べる」というのが基本のようだ。
食欲もあるが女性性は忘れない。今は「時間内にどれだけ綺麗に食べるか」という戦いであり、
ずっと見ていられるスポーツのようなすがすがしさがそこにはある。

ポップに食を楽しむロシアン、見守りたい少女のようなもえあず、
チーム戦では責任感を見せる体育会系のアンジェラ…
それぞれのキャラや、得意分野などの特徴が面白い。
そして女の子ががっつり食べている姿って見入ってしまう。

皿を重ねるうちに明るく幸せそうな時間が過ぎてゆき、
忍耐の時間が訪れる。ある者は手を止めため息をつき、ある者は立ち上がって食物の嚥下を促す。

ひとえに「大食い」といってもそれは「マラソン」のようなもの。
ペース配分、そして駆け引き、自らの弱みと強みを熟知して挑む戦い。

アメリカチームにはで負けた。当然といえば当然かもしれないが、
大きく差がついた最後の最後まで「自分との戦い」をやめない大和魂。
大食い女子のかっこよさに快哉を叫ぶ。たかが食されど食。
元気を貰えるフードファイターは立派なアスリートなのだ。

ビジュアル的な大食いバトルはエンターテイメントとして確立。

今後も視聴者を釘付けにするだろう。
posted by 彩賀ゆう at 15:43| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

ジュリーのコンサート大分公演のCMが気になる。

沢田研二2.gif

てことで。

沢田研二コンサートツアーのCMについてである。

ほんとにいいのか?って思う。ただそれだけだが



最近のジュリーはMCというか…スピーチしたがりだそうだ。

そして「歌って」というファンには厳しく

「話を聞かないのなら帰れ」と言うらしい。ええええ!?


まあそれも今のジュリーを愛するファンには普通のことかもしれない。

歌を楽しみ彼の持論を楽しむのがジュリーコンサートの醍醐味なのかと。

だったらますます「昔のお姿」でお客を呼ぼうとしないでもいいと思うがどうか。
posted by 彩賀ゆう at 23:29| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

谷川俊太郎先生。偉大な詩人であり愛すべきかわいらしさ。

谷川俊太郎.gif

谷川俊太郎先生

教科書に載っている詩人の先生でご存命。
教科書に載る人は故人が多かったので
「生きているのですか!!」
「昔の人だと思っていました」

と驚かれたりするらしい。

谷川先生の詩はほんとにさまざま。
そして幅広く「どうとらえてもいいんだよ」と読んだ人にイメージを任せる。

「二十億光年の孤独」という
スケールの大きなデビュー作品もあるが

笑ってしまう「おならうた」もある。
いもくって ぶ
くりくって ぼ
すかして へ
ごめんよ ば
おふろで ぽ
こっそり す
あわてて ぷ
(…とまだ続く)


テレビに谷川先生が出ているとついつい観てしまうのだが

あさイチのゲストで長くおしゃべりしてくれた。今回も楽しい。

最後は
「生き生きしてればいいんですよ。言葉が」
「生き生きしてれば悪口だっていいの」

などと言っていた。
谷川先生が言うとなんだか説得力がある気がする。

でも言ったことや書いたことはすぐ忘れるらしい。それもまたいい。
posted by 彩賀ゆう at 00:16| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする