2013年06月22日

篠原涼子イキイキ。支える市村さんのおかげとは思うが。。。

篠原涼子4.gif

てなわけで

カトちゃんとかもそうだろうと思うが
若い奥さん貰って幸せそうなおじさま方は

若妻が若い男とちょっと交流することに
鷹揚ぶっていても
内心「ざわざわっ」とするに違いない。

若い男と釣り合う妻に気づくのも。
妻の人生の長さに気づくのも。

妻と24歳違いの市村正親氏。
篠原涼子の2子出産後の現場復帰が
若い男達とのラブストーリー(しかも「ちょっとHな」が付いてくる…)
かなり「ざわざわっ」としたことだろう。

そして番宣などでは
15歳下との恋?!もちろんアリですよ!!」と
リップサービスには違いないけど
満面の笑みで力強くアピールする篠原。

ラストシンデレラでは
「回を重ねるごとに綺麗になっていった」
と、評判だったが

これは役柄の桜が「おやじ⇒乙女」に
って役作りか?
篠原が「主婦の顔から女優の顔に
戻ってきたってことか?

はたまた「若い三浦春馬に引っ張られてほんとに若返った」
のか。。。

若造と絡んで、演技とはいえ
嬉しそ〜な妻を観るのは市村さんも辛いだろうが
悔しさをバネに「生きてやるぞ!!!」と
並々ならぬ闘志を燃やしていそう。
彼の舞台人としての気迫も衰え知らずだ。

そういえば、撮影の間に篠原は
フカヒレの姿煮弁当3200円」を100人前とか
大型冷蔵庫」をドーンと差し入れとか
共演者やスタッフに対する気遣いを
ダイナミックなカタチで表わした。

市村氏が「いいよ^^君が主役だからドーンと差し入れしなさい
と言ったのかどうかはわからないけど
その太っ腹さには
彼女の「仕事への意気込み」と「メンタルの充実」を感じる。

若い彼とも絵になる篠原だが
市村さんといい家庭を築いているんだろう。
その信頼関係あればこそ。
(まあそれ言うと昼ドラ、田中美奈子の旦那氏はよく許した)

で、まあ奥さんも
これ以上若い男との恋物語はそんなにないだろうから(多分)
安心してていいのかもしれない。
(しかし篠原涼子という女優はこれからも主役張りそうだ)

ん?もしかして
オジサンとのラブストーリー」の方が
市村さんは発狂するほどいやだったりして。。。


posted by 彩賀ゆう at 16:03| 大分 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

一茂極道に。一茂ってやっぱ何かおもろい。

長嶋一茂.gif

てなわけで

「極道の妻(おんな)たち」で極道として準主役級で出演しているのが
長嶋一茂!!

前回の映画が郵便配達夫の「ポストマン」だったりしたので
えらい振り幅である。

極道を演じていながらも
暮らし安心クラシアン〜の庶民派CM
(半永久的に森末氏のものだと思っていた)も引き受けている。

今はかつての野球の実績とは関係なく、
しっかりスポーツ解説、加えて政治経済などにも
お堅い意見を述べ
「天然」と言われていたときの片鱗はあまり見えない。

まあ「天然」というのも
純粋培養の上での
世間知らず…「天然」
だったわけであり
野球しか知らなかったし、父は茂雄というスーパーな環境で
そりゃ変わった感覚持った人になるには違いない。

で、とにかく巻き返しは凄かった。
野球やってるときは厚待遇にも成績を残せず、
目に暗さもあった気がする。

そのあと、よくぞと思うが
バラエティでプライドを捨て、いじられながら人気獲得。お茶目なところと鷹揚なところも見えた。

そこからまたそのイメージも一転、
今や常識人であるし、殆どホコロビを見せない一茂。
「解説に呼ばれるんだから、かつての成績は置いておいて、自分の視点で語ろう」
と、躊躇なく冷静に解説し、
またそのしっかりとした分析力で
徐々に「成績のこと云々」いう人達がいなくなった。
それこそが精神力と努力の賜物だろう。

七光りでもなく、しっかりと足場を固めた一茂。
コメンテーター、解説者としてその地位は揺ぎ無いが

極道、クラシアンで
唐突に意外な一面を見せてくれるのである。

今回初挑戦の「極道役」は意外と評判がよいようだ。
オールバックで刺青をまとい
黒谷友香とのラブシーンも見所だという。

そんで、極道映画のPRをしていても
すぐに話がロッキーになったりする。
それほど「いつも心にロッキー」の一茂
ロッキーをいつまでも崇拝する首の太さが物語る。
一茂の可愛気がチラチラのぞく。

父の国民栄誉賞授賞式に出席を打診されていたのに逃げ回った一茂。

立派な体躯で自信に満ちた顔になった気がするけど
やはり茂雄という「野球人として圧倒的な存在」については
特にあの場所であの状況で「並ぶ」ことを選ばなかった。
ここは親子関係より師弟関係にスポットを当てて欲しかったかもしれない。

てなわけで
森末氏には気の毒だけど、
水のトラブル500500?は一茂兄貴になっちゃったらしく
それが浸透するにはかなりかかるだろうが、
今余裕を持って自分を愉しんでいる感のある一茂。

まだまだイメージを「スーツ」に固定しない
そんな一茂の今後の変容を楽しみたい。

posted by 彩賀ゆう at 00:17| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

五木寛之のある種の信念?

五木寛之.gif

「サワコの朝」にて

作家の五木寛之氏が
なんと
昨年12月から…半年髪を洗ってない と!!

ものすごいことを告白していました。
80だから脂もあまり出ないのか?…にしても半年って。

髪は相変わらずライオンのようにフサフサで
「皮脂の毛穴詰まりで薄くなる」説を覆す。

佐和子さんが別の番組で
「五木さんは髪洗ってないけど、
かゆみのピークは1か月くらいでそのあとはなくなるんですって」
とか言っていた。

いやいやいや…

先生はさらに「朝日を拝んで眠る」という
夜型生活を続けていることも語っていた。

五木氏の持論的に
「情報は多すぎるし複数あるが自分に合う生活や習慣がある」と。

80の人が冷静に言うんだから含蓄はある。確かに。

例えば「長生きしたいなら肉は食べるな」VS「肉が長寿の秘訣」など
巷には常に反対の主張がはびこる。。。
情報に踊らされず迷い過ぎず
自分が合うと思う方を選べばいいんだろう。

と都合のいい解釈をしてみる。

何かに従うも自由にするも…
ギリギリまでは自分が気持ちよい方向でいたいものだ。
posted by 彩賀ゆう at 20:23| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

まずはW杯ブラジル大会出場の切符おめでとう!本田圭佑「持ってる男」

本田圭佑2.gif

長身の選手の多いオーストラリア
ゴール付近を狙われれる危機には
ほぼ全員が集まって壁のように阻止。

とにかく本田がボールを持っている時間が長かった。
ほぼ本田の印象。1点を追う後半ロスタイムにPKを決めたのも本田だった。

それにしてもこうやって描くと
前回に彼を描いたときに比べても目(まぶた)の腫れが気になる。
眼光鋭くなってコワモテ化している。以前の切れ長な目には戻らないんだろうか。

本田は会見で選手達に課題を言い渡していた。
試合中、思うところがたくさんあったのだろう。
1-1引き分け。ほんとは勝利してW杯へと進みたかったはずだ。

浮かれがちなそのタイミングでびしっと選手達を締める本田圭佑。名指しでウィークポイントを指摘。
相変わらず志が高い。
その緊張感で日本代表
W杯では見違えるような攻防が期待できるかもしれない。
posted by 彩賀ゆう at 14:21| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

天才錦織圭フェデラーを下してベスト8で期待!…しかし次の日あえなく敗退

錦織圭.gif

5/10に感動して描いた絵だったが
アップするのが遅れたら古い絵になってしまった。

しかしこのときは本当に錦織圭に感動した!
フェデラーの凄さも最近知ったにわかだけど
テニスで日本人もここまで来たかと。
posted by 彩賀ゆう at 16:17| 大分 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

林修氏の「今でしょ」攻撃。

林修.gif

最近何かと出まくっている林修先生。
(いいともはまだしも、始球式にまで呼ばれるとは思わなんだ・・・)
流行語は「アベノミクス」「今でしょ」「じぇじぇ!」などが有力だろうけど…
なんだかんだゆっても
アベノミクスなんだろうな〜。。。

個人的にはこのサングラスの先生が妙に気になる。
posted by 彩賀ゆう at 16:08| 大分 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三浦雄一郎さん エベレスト登頂おめでとう^^

三浦雄一郎.gif

元気をもらいました!!鉄人ですね。三浦雄一郎さん♪
posted by 彩賀ゆう at 13:46| 大分 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

JOB〜2012.1〜5

47NEWS 芸能チラ似ズム
2012〜

12.1 ゴールデンボンバー
1201_g.gif
12.2 ももいろクローバーZ
1202_g.gif
12.3 キンタロー
1203_g.gif
12.4 速水もこみち
1204_g.gif
12.5 あまちゃん(能年玲奈など)
1205_g.gif

To be continued・・・


posted by 彩賀ゆう at 12:23| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JOB〜2011.3〜

共同通信社さまの
47NEWS
カルチャー「芸能チラ似ズム」を11年3月より月イチ連載中です。
(各地方紙などにも掲載)
47NEWSサイト⇒こちら
過去コラムが読めます。

2011年分です。

11.3 松田翔太
1103_g.gif
11.4 前田敦子
1104_g.gif
11.5 子役(鈴木福 芦田愛菜、本田望結など)
1105_g.gif
11.6 テルマエロマエ(阿部寛、市村正親、上戸彩など)
1106_g.gif
11.7 博多華丸・大吉
1107_g.gif
11.8 松岡修造(オリンピック)
1108_g.gif
五輪検定
1108-2_g.gif
11.9 スギちゃん
1109_g.gif
11.10 ローラ
1110_g.gif
11.11 相棒(水谷豊、成宮寛貴)
1111_g.gif
11.12 きゃりーぱみゅぱみゅ
1112_g.gif


posted by 彩賀ゆう at 12:12| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JOB〜Apr

TBS「もてもてナインティナイン」
4月23日19時〜
01.gif
02.gif
03.gif
04.gif
落語家「古今亭志ん生」の伝説…イラスト担当
posted by 彩賀ゆう at 11:54| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JOB〜Feb2

パンクブーブー リスペクトOITA
「嗚呼すばらしきローカル偉人伝」 TOS制作
2月24日 15時〜(九州)

to1.gif

to2.gif
大分出身の平川監督、垣添、千代大海を紹介イラストを担当
posted by 彩賀ゆう at 11:43| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JOB〜Feb1

ブログを更新するのも昔ほどはできなくなりましたので
終えた仕事など時間のあるときにアップしていきます。
obs_blo.gif
「美旅(うつくしたび)」OBS制作
おかもとまり&シルクが九州を旅する。美容&食べ歩き
(おかもとまりのものまねイラスト部分担当)
2月16日(九州・沖縄)15時〜

posted by 彩賀ゆう at 11:33| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

国民栄誉賞 長嶋&松井のセレモニー

長嶋茂雄.gif

国民栄誉賞が贈られた。
長嶋茂雄松井秀喜に。

国民栄誉賞は
これまでの人選についても…

貰った人は貰う権利のある方だが
同じように見える功績で貰わなかった人が
貰った人との差といえばタイミングだったり
(正確には『タイミング』という言葉で片付けられている)
また亡くなってから貰うということもあったりと

名誉で国民から見ても喜ばしいものであると同時に
なんだかもやもやさせるものであるのも確か。

そして
内閣の人気取りということも
もう暗黙の了解になっている。

そんな中でも
長嶋茂雄が「国民栄誉賞」を貰い
一大セレモニーに出てくる。
それは感動的な物語だ。

一時代を築いて野球人気を不動のものにし
明るいキャラクターで巨人ファンを超えて愛された
そんな国民的ヒーローの長嶋には
国民栄誉賞がよく似合う。

今回
松井秀喜引退のタイミングに合わせて2人で師弟受賞

嬉しそうな長嶋氏
思ったよりずっと元気そうで
姿勢もびしっと、顔もつやつやしていた。

始球式は
松井の投げた(微妙な)ボールを左手でフルスイング
ちょっと悔しそうなとこもチャーミングだった。

会見やセレモニーの間も二人が並ぶと微笑ましく
松井の
「自分なんかが一緒にいただいて…」という謙虚さと、
ずっと長嶋のことを気遣っている優しさがひしひしと伝わり
またまた感動を呼んでいた。

松井も本当に人格者だと思う。
(松井の受賞は早すぎるとか、他の選手と比べられたりとか
相対的な見方ではいろいろありそうだが、個人としては実績も作って
大いにファンを楽しませてくれた偉大な選手で受賞に相当すると思う)

長嶋氏は、脳梗塞の後遺症も少しありながら
しっかりと自分の言葉でゆっくりとお礼の言葉を述べていた。
野球ファンへの感謝の気持ち。生涯野球人だ。感動した。

P.S.
安倍総理は
ロシア・中東を回って各首脳と会談、
エグザイルコンサート観賞
そしてこの授賞式、セレモニーにもユニフォームで参加
全方位的に奔走している。
身体をかえりみず戦略に励んでいるようだ。。。

posted by 彩賀ゆう at 16:43| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

宇宙にちょこっと滞在する芸能人一号…なぜか岩城滉一。果たして

岩城滉一.gif

てなことで
岩城滉一62歳が来春?宇宙に行くことになっているそうな。

どういうことかといえば

スイス時計ブランド「ルミノックス」が、
オランダの民間人を対象にした宇宙旅行事業を行なうSXC社と、
プロジェクト「ルミノクスSXC スペースアドベンチャー」を立ち上げたということで

そこの時計を長らく愛用しているということにより
われらが岩城滉一に白羽の矢が当たったという。

そんなとこから「まさかの宇宙行き」が転がりこんだ岩城滉一。
ここから訓練やトレーニングなど積まなきゃならないらしいが

俺も『地球はかった』って言いたいよね」
とか、

「(民間宇宙旅行の)先駆者に絶対なります」
「万が一があった時には、俺は星になるから、
お前たちのこと見てるから空を見てくれと(家族に)言ってあります」


オイシイ言葉を列挙。

く〜っ!言ってみたい!
…ってホリエモンも悔しがってそうな気もする。

かつて「岩城滉一ほどかっこいい大人はいるだろうか」と思ったものだったが
いつしかその感慨も薄れていた。。。
それが
ここへきてなんかオモロイことになっているな…と
改めて「粋な破天荒・岩城滉一」を飾るにふさわしい。

実際
宇宙空間には4〜5分程度ということなので
「我、星屑になりて…」ということもないだろうし

すんなり行って
その日のうちに(1時間以内で)帰ってくるという…
どこまで実感が伴うのか
昔やってた暴走行為以上にエキサイトするのかどうか
…は不明だが

宇宙から帰ってきた際には
ぜひ、借りてきた言葉…以外の感想を聞きたいではないか。。。

秋に
今さら感アリアリの(爆)W浅野の「抱きしめたい」が1度きりの
りたーんず?りばいばる?
岩城が(ゆう子の夫役だっけ)出演するらしい話題が先にあったけど
もうそれどころじゃないね。

岩城と宇宙…いまだにマッチしないが
宇宙1号といえば岩城だったねという伝説の人になるのかどうか。
posted by 彩賀ゆう at 22:27| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

海老蔵ブログ開設のがんばり。

篠山紀信.gif

市川海老蔵が
ブログを開設。

父が亡くなり息子が誕生、歌舞伎座も新しくなった
そのタイミングで
考えるところもあったようで

見てみると
なんかちょこちょことアップしていて
あの海老蔵がそんなことをしていると思うと
その感じはかわいく見えなくもない。

暴行事件でイメージダウン
彼は被害者だが
夜な夜な「粋な遊び」ではなく
ひどい遊び方をしていることが
晒されてしまった。

それまでも
「歌舞伎を親しみやすく」という意向で
バラエティに出たりするも

結果的に
上も下もない…マイペースで媚びない(?)態度が横柄に映ることもしばしば。
あるとき業を煮やした安住アナに
「なんでそんなにえらそうなんです?」と言われたりもした。

歌舞伎界から大御所が2人も去り
「なんとかせねば」という
じりじりとした焦りもあるだろう。
父の葬儀では引き締まった顔をしていた。
まずは自分のファンをつけなければ
失った信用も取り戻さねばという思いで
ブログを始めたのだろうか。

そういえば
ゲーセンにハマれば何十日も通い
寿司屋にハマればまた何十日も通う
ドハマりする体質らしい。

…ってことはマイブームってことで
ブログもずっと続けるかはわからないってことだろうか。

それでも
あの海老蔵が
内面を吐露したり、日常を報告していくって
その「らしくなさ」が新鮮に映る。

それで話題になっているのもあるのだろう。

「華」がある
「ワザ」がある
と言われ、彼のその実力は認められている。
彼のニラみは一味違うらしい。

「親しみやすい歌舞伎の大御所」になる覚悟で
大人げなかった海老蔵氏が大人になっていくのであれば
そのブログというステップも
見守っていきたいと思う。

(あの事件、友人に『海老蔵が殴られたらしい』と言ったところ
『あんな美男子殴っちゃダメですよ!!』と言われた。
…彼の美貌も歌舞伎界の宝なんだろう)


posted by 彩賀ゆう at 15:02| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

朝ドラ「あまちゃん」が元気をくれる…能年ちゃんがかわいい!

能年玲奈 あまちゃん.gif

NHK朝ドラ「あまちゃん」
かわいく面白い。脚本が宮藤官九郎ってことで
ある程度の面白さは約束されてはいたが
「朝ドラ」って枠の中でもそれはいかんなく発揮されていた。

磯の香りがしそうな爽やかさもうれしく
撮影は夏から始まっていたんだろうけど
空と海の青さがまぶしい。

で…主役の能年玲奈ちゃんのかわいさったら!

7話目を終えたがまだセリフは少ない。
そんなとこもまた主人公アキの純粋さや透明感を引き立たせているように思う。

それはキョンキョン演じる
すれっからしで意地っ張りの母親春子との好対比でもある。
(しかし1話目であんなに反目していた母と祖母ナツは
7話にしてほぼ心を許しあっている。え?もう?)

宮本信子
若い頃から味のある人ではあったが
今やガンコな祖母役がハマっている。
海女としてのたくましさも感じさせる。
(…とにかくウニが美味しそう過ぎる!)

脇を固める俳優陣はやたら豪華で
コメディ要素たっぷり。

特に「北三陸駅の駅長」で
「春子の幼馴染」の大吉を演じている杉本哲太
生真面目で熱血で融通のきかない朴訥ぶりが笑いを誘う
もうすでに出てくるだけでおかしい存在。
(最終的に哲太って柄本明みたいな俳優になれそう)

毎回笑わせてくれて
こんなにおもちゃみたいに楽しい日々が
最後まで続くといいのだが

そうではない。

後半で東日本大震災が訪れるという。。。
岩手にもそれは押し寄せるはずで

先日の春子のセリフ
「母が潜るといつも『このまま顔を出さないんじゃないか』と怖くなってた」
そのセリフが今後のナツさんの運命を予感させて怖い。
海を生業とする人々の町が津波に遭ってしまう悲劇。

その時分アキは東京でアイドル目指しているんだろうか。
今の明るい漁師町の活気。

明るければ明るいほど
海がキラキラと綺麗なほど
後半を思うとせつない。

それでもこのドラマの
前向きで明るい人々がどうやってあの悲劇を乗り越えようとするかも
きっちり描かれるであろうことを観ていきたい。
(東北出身の宮藤氏が葛藤しながら描いたという…
そのつらさも噛みしめたい)

そしてあまちゃん「あまのあき」
海女を経て成長していく様子を
能年ちゃんの輝きとともに観ていきたい。



posted by 彩賀ゆう at 17:08| 大分 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

最近はびこるホマキの白ワンピCM

堀北真希3.gif

なんのCMかごっちゃになるほど
やたらに堀北真希白いワンピースを着て微笑んでいる。

紅白司会でも赤組なのにを着てることもあったり
紅白に出るきっかけとなった
「梅ちゃん先生」も白衣だった。
(関係ないけど、ファンには垂涎の
上セーラー、下もんぺ』…てのもあった^^;)
ガールズコレクションでもやっぱり
白いワンピース
白い服着た子供達を引き連れて出てきた。
ここまで来ると偶然ではありえない。

確かに白いワンピは彼女に似合うし

勢いのある堀北真希の
「清楚」「透明感」という
絶対的なイメージをがっちり固めるのに
CMすべてに統一感を持たせているに違いない。。。

主演に清楚な女優を?それなら堀北でしょう!!

という、これからのドラマの配役でも
他の清楚系女優の入る余地を許さない戦略だろう。

まあこれもホマキだから
「ホマキ白ワンピのゴリ押し」などとは言われず
戦略通りに
吉永小百合路線を行くのは
広末でも長澤でもなく堀北真希だね」などと
すんなり定着するんだろう。

それにしても急激に売れっ子になった彼女。
三丁目の夕日の「ろくちゃん」を自ら名乗りを上げて
勝ち取ったガッツ
今につながっていると思う。

あの「油にまみれた作業服を着た田舎の女の子」
かわいかったが
今見違えるほど綺麗になったのも事実だ。
ここからの成長もまた楽しみ。
posted by 彩賀ゆう at 16:01| 大分 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

剛速球の怪物安楽と名勝負の下石 延長で両者200球以上投げ抜く 

安楽智大.gif

愛媛・済美の安楽智大投手
187センチ、85キロ
大物感たっぷりですごい貫禄。まだ2年生だが
すでに2014年のドラフトで大注目と言われている。

広島広陵との試合
初回、剛速球が152キロを計測。
(マー君・太谷の記録150キロ越えらしい)
6回で済美が3得点でリード
このまま済美の圧勝・安楽の完封かと思われたが
9回で3点失点で追いつかれ…

そこからジリジリとした延長戦。
10回には済美のピンチ(ノーアウト満塁)があったがスライダーで乗り切り
13回ウラで広陵下石、1アウト満塁でピンチを迎え
済美のサヨナラ勝ちとなった。

広陵の下石219
済美の安楽232
しっかりと投げ抜いた。
(対戦した両校の投手がともに200球超えは、
99年1回戦〜延長14回で
高田・松田が229球、高崎商・松本が210球を投げて以来という)

広陵・下石の本格的な投手転向は昨秋ということだが(以前は内野手)
「200球投げても全然しんどくなかった」と強肩主張。
(小学生から投手をしていた安楽と比べると遅咲き投手だ)
11安打を許しながらも12奪三振と立派。
このゲームにおいては
「10安打を許しながら13奪三振」の安楽に迫る勢いだった。

涙を流す下石に
広陵監督は「安楽に勝たんと甲子園で優勝できん」と叱咤激励した模様。
立ちはだかる安楽は大きな障壁。

だが安楽と互角に戦えたということも下石の自信となるだろう。
(夏の甲子園も楽しみだが)

この春、済美・安楽の155キロは出るのか。
安楽と同じ大きな体躯で速球投手「浦嶌颯太」のいる菰野は初戦で破れた。
ワンバンを見事に打った仙台育英の「上林誠知」は打者として期待高まる。
済美の優勝を阻むのはどこだろうか。

posted by 彩賀ゆう at 12:19| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

サトエリの関西流?「痴漢のとっちめ方」。

佐藤江梨子2.gif

少し前のネタだけど
なんか想像するとおかしい。
そして言ってることも極端なのでとりあげると。。。

佐藤江梨子
「新聞のコラム『言いたい放題』に掲載した」事件(?)を
あえてブログでも告白した話。

ざっと言うと

午前5時に路上を歩いていたら、自転車に乗った
男性にいきなりお尻を叩かれた。
「待て! この痴漢野郎! 誰かぁー!」とサトエリは叫んだ。
男性はスピードを上げて逃げていったので、
彼女は道を先回りして男性を発見。
「『おまえ、何してくれとんじゃ! ボケ! 痴漢っ!』と叫んだ途端、
別の人物だと気付いて『スミマセンデシタ』と平謝り」と書いている。

自転車ですばやく走り去った人を
徒歩で先回りってできるもの?って思ったら
案の定人違い

そして関西系喧嘩上等の罵倒!
なんとも勇ましいが

人違いされた人は哀れ。。。
いきなりサトエリ…(綺麗なおねえさん)に
ぬれぎぬでののしられ
かなりショックを受けたことだろう。

しかし
そのあとの主張が少しばかり極端だ。

「時間を決めて、女性専用車両だけでなく
女性専用歩道も作ってほしい
世の中には女性専用車両に反対する男性もいます。
でも、女性専用車両に反対する女性を、私はいまだ見たことがありません」


サトエリの憤りはわかる。
さわり得みたいな男に対して憤懣やるかたなく、
そんな主張に及んだのだと思う。

サトエリほどスタイルがよければ
痴漢に遭うことも多いだろう。
私でさえ歩いていて
車の窓から手を出した
サングラスの男に被害に遭ったので
(さすがに追えない)
卑怯な男は許せないと思うのだが

すべての道路にそんな専用レーンはつけられない。
スクールゾーンだってかなりスペース確保に大変なのだ。

腹立たしいが
「徒歩の女性を触る男」ばかりではないはずだし
また男女をぱっきり分けて時代錯誤になるのも
「女は自意識過剰でめんどくさい」
男女同権から離れそうな気もせんでもない。

ということで
専用道路には諸手を挙げて賛同できないが

痴漢に対し女性が
「声を荒げる」「警察に突き出す」「屈しない」
という姿勢が段々増えてきていて
その姿勢が当たり前になれば
通りすがりの卑怯な痴漢は少なくなるんじゃないかと思う。

それにしても
サトエリの口からしてくれとんじゃ!』はびっくりだな〜。



posted by 彩賀ゆう at 11:12| 大分 ☀ | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

内野の男臭さががっちりハマった「とんび」

内野聖陽 とんび.gif

てなわけで

絶好調の「とんび」

内野聖陽の…
「臨場」などでは大仰に見える演技。
「風林火山」「仁」など時代物にはぴったりくるのに。。。
と思っていたところ
とんびの「ヤス」役にはこれ以上ないくらいのハマリ具合。

不器用なかっこ悪さ、抱え込んだ哀しみ
それをちょっと荒々しい男っぽさで演じ
魂のアツい父性を感じさせる。

周りを固めるコミュニティーも素晴らしい♪

で?
嫁と孫(嫁の子)もできて幸せのさなか

そんなヤスが
妻と同じようなカタチで死ぬなんて…
旭にとってもあってはならないと思う。

なんとしてもそれ回避で!!と願うがどうなるの?。
(北の国から『遺書』…はフェイントで死ななかった黒板五郎)

posted by 彩賀ゆう at 15:52| 大分 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする