2019年08月23日

2019夏 甲子園決勝 星稜VS履正社

今年も熱い闘いが繰り広げられました!

井上広大.jpg

星稜と履正社といえば因縁の相手です。

前回は春のセンバツ3-0で星稜に歯が立たなかった履正社がいた。

履正社にしてみればリベンジを、しかも夏の甲子園決勝という大舞台で。


最初の履正社攻撃の一回は、奥川が投げるたびにどよめく球場。

なんだか星稜の応援がすごいんだけど。場内もこころなしか黄色に染まっている。

これまでことごとく初回から大きな当たりを打ち出してきた桃谷も打ち取られる。


星稜の準決勝の試合では「完璧な奥川」を見せていた。精度の高さはプロでもすぐ通用すると言われていた。

ゆえに、この決勝も履正社を抑え込み、渋い試合になるんではと思っていたのだ。


だがフタを開けたら、履正社はよく研究しているのもあるだろうが、打てないことはなかった。

奥川にしてみても完璧とは言えず、コントロールも乱していたのだ。


ついには四球を2回出すという彼らしくない運びになり、

井上広大に甘い球を与えて軽々と本塁打を喰らうという、ダメージの大きい展開に。

万全じゃない奥川を助けようと山瀬と知田は打席でよく頑張ったと思う。走塁がうまくいかず勿体ない場面も多かった。

3-3と必死で追いついたのもつかの間、粘りの内倉、野口から岩崎と履正社打線が連なりまたも2点引き離される。

星稜も喰らいつこうとしたが打球は伸びず、9回に出塁するも最後はダブルプレイとなった。


駆け寄る履正社の選手達、リベンジを果たし日本一になったのだ。

奥川笑顔。しかし閉会式前あたりで涙が止まらなくなっていた。


勝利者インタビューひどかった。

履正社の井上広大に「奥川くんはすごい投手でしたか?」(しかもマイク不調で2度繰り返す)

次のときには「奥川くんはすばらしい%且閧ナしたか?」

すごい→素晴らしい になってたし。


はあ?!

その後もひどい、星稜も誉めてやってくださいとか、もう無茶苦茶!!

ちょっとちょっと!!!!

井上くん困ってたでしょうが!!

奥川くん誉めたいなら奥川くんとこに行って言ってくれ!って。


昨年の大阪桐蔭に続いて、履正社も「プロ養成校みたいなもんでしょ」という見られ方なのか

また相手チームのエースに話題が集まったことも同様に

履正社がまるでヒールみたいになってて気の毒過ぎる。


高校生みんな夢に向かって頑張ってきたんだからフェアに讃えましょう!!
posted by 彩賀ゆう at 13:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

金足の吉田、日南の辰己…球児達のマウスピースが輝いた2018年夏。


辰己凌晟.jpg

つばの裏に好きな言葉や、激励などを書き込むのはすっかり定着し
今や、何も書いていない方が珍しい。

今回試合はマウスピースの選手が結構いて
調べてみると
「歯を食いしばるから」
「かなりの重さが歯に」
「王選手は奥歯がボロボロ」など
色々な情報が出てきた。

マウスピースは理にかなっているようだ。

それとは別に見た目にも爽やか。
帽子で影になるとマウスピースの白が
一層光り輝く。

髪型で遊べない球児達は眉毛をいじるより
マウスピースがいいかもしれない。
posted by 彩賀ゆう at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下関国際、日大とほぼ互角だった。

鶴田克樹投手
中学までは軟式のキャッチャーだったという。
早朝4時から800mを10セットの走り込み…という努力で

強豪相手になかなかのピッチングを見せてくれた。

常に冷静な濱松主将も勝ったときの破顔一笑が印象的だった。

鶴田克樹.jpg
posted by 彩賀ゆう at 16:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

すばらしくカッコイイ尾畠春夫さん

尾畠春夫.jpg

ほんとに素晴らしい活躍。
無償でただ淡々と黙々と信念を貫いて
また、思いだけではなく立派に社会に貢献している。

ハッとするほど清く強く尊いものを見せてくれた。
頭が下がる思い。
posted by 彩賀ゆう at 13:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高岡商!気迫の連続三振!ありがとう!

山田龍聖.jpg

山田龍聖投手、筏秀生捕手、大阪桐蔭相手に見事でした。

試合には負けてしまいましたが、

爽やかな試合!称賛!!

posted by 彩賀ゆう at 11:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

you感モノ語り8月号

yukan08_mini.jpg

8月は
お相撲さん特集〜。
ネットにも敏感な石浦高安琴恵光を挙げてみました。

石浦はブランド好き。
化粧回しの血塗られた生首みたいなデザインは
さすがにここには載せられなかったけど
奇抜さではピカいち。

高安は秋元才加と幼なじみとか。なんだかほほえましい。

ほほえましいといえばここまで微笑ましいお相撲さんもいないだろう。
頭にカモメがとまる琴恵光。ハッシュタグを「井」と打ったのもかわいい。
posted by 彩賀ゆう at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

you感モノ語り 7月号

yukan07_mini.jpg

7月は
ひふみんのネクタイ…羊柄がかわいい。裏地が毛糸玉などシャレている。
蛭子さんが自販機でみつけた
二つの食感ソーダゼリー
これは飲んで(食べて?)みたけどホントに面白かったです。
などなど

毎回調べるのは大変ですが、楽しいです。
posted by 彩賀ゆう at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

羽音さん、みんなのマイピクノリゴエさん 佐藤康太さん



羽音さんのブログ

で、お子さんの絵をご紹介いただいています^▽^
羽音さんありがとうございます!!

みんなのマイピク
ノリゴエさんにとりあげていただきました。
ありがとうございます!!

あっちゃんさん「大分県内似顔絵師リスト」にとりあげていただきました。
ありがとうございます!!

OBS佐藤康太さんtwitter
ご紹介いただきました。
ありがとうございます!!
posted by 彩賀ゆう at 22:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

大物をなぎ倒しながら勝利続ける14歳棋士 藤井聡太4段

藤井四段 にらみ.jpg

スポーツ以上に
話題をかっさらってる驚異の棋士14歳
「にらみ」というか…チラ見の上目遣いは余裕のあるときのようだ。
posted by 彩賀ゆう at 14:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

「you感モノ語り」6月号

yukan06_mini.jpg

合同新聞掲載、彩賀ゆう「you感モノ語り」6月号
今月は有名人愛用の「ディクシット(ボードゲーム)」「心音ちゃん(聴診器)」「2つの食感ソーダゼリー」「ダイソンドライヤー」の紹介でした。手っ取り早く堪能できそうなのはダイドーの2つの食感ソーダゼリーなんだけど、まだみつけたことがないのら@.@ 
posted by 彩賀ゆう at 09:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「you感モノ語り」5月号

yukan05_mini.jpg

合同新聞掲載、彩賀ゆう「you感モノ語り」5月号
5月は有名人愛用の「万年筆」「スカート」「米びつ」「無水鍋」「かっさプレート」の紹介でした。
佐藤愛子さんのようなおばあちゃん憧れる!
posted by 彩賀ゆう at 09:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

青木宣親!日米通算2000本安打!おめでとう

青木宣親.jpg

青木宣親、アストロズにて日米通算2000本安打達成!
イチローと比較されることも多かったけど
常に前向き、コツコツとやってきた青木。よかったー!
達成の瞬間チームメイトが駆け寄ってくるのがまた感動。
posted by 彩賀ゆう at 17:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みまひなコンビ!今後も期待♪

mimahina.jpg

みまひな
このコンビネーションのよさはバドミントンの「タカマツペア」を思わせる。
16歳か〜嬉しくて飛び跳ねるのもかわいい。若いっていいな〜

posted by 彩賀ゆう at 17:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

藍ちゃん!国内ラスト!

宮里藍.jpg

「とにかく明日は最終ホールで泣きたくない。18番を笑顔で終えたいです」
藍ちゃんらしいゴルフができたらいいな
引退会見で様々な思いを噛み締めてるのも感じたが、爽やかでかっこよい藍ちゃん。
ギャラリーの声援を味方にしてパワフルに繊細に頑張っていただきたい♪
posted by 彩賀ゆう at 00:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

清宮100号!

清宮幸太郎.jpg

清宮!高校通算のホームラン数100本記録!
この時期こんなに話題集めてしまってることに心配するけど
あ、そっか…注目されることには慣れてるんだよね^^
ラベル:清宮幸太郎
posted by 彩賀ゆう at 08:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

則本新記録!!

則本昴大.jpg

野茂を抜く新記録「7試合連続二桁三振!」
則本昴大!!気負いもなく爽やかで、いいねいいね!
「ば〜ん」もやってくれて、今後ますます期待。
posted by 彩賀ゆう at 20:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

彩賀ゆうの「you感モノ語り」4月号

yukan04_mini.jpg

AAAのNissy愛用ブランドの4枚はぎTシャツや
ニッチェ江上のウニ醤油など
posted by 彩賀ゆう at 20:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017春甲子園!

2017春甲子園決勝.gif
posted by 彩賀ゆう at 20:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016夏ありがとう!!

今井達也.gif
posted by 彩賀ゆう at 20:26 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

森達也の手法に唸る「FAKE」 佐村河内氏はこの映画で何を得たか。。。

佐村河内 Fake.gif

「FAKE」を観た。

佐村河内氏の薄暗い自宅での撮影。

ずっと撮ってますけど、
ここからは遠慮して欲しいというところは途中で止めますので
というような許可を取る森達也監督

佐村河内氏はほぼその自宅で
奥さんと愛猫と特に何をすることもなく暮らしている。

ドキュメントのみどころは
甲斐甲斐しく世話をし、
片時も離れない奥さん
そして彼のところに来る訪問客とのやりとり(奥さんの手話を交えた会話)。

訪問客は取材であったり、テレビ出演依頼だったりする。

訪問客のいない部屋で吐露されるのは
彼の本音らしいもの

「偽り」を暴かれてしまい、世間にそっぽを向かれた彼の哀しみ
表に出て信用を得ている新垣さん(やたら調子づいてることも含め)
佐村河内氏を「ペテン師」と書いて本を出した神山さんに対する
割り切れない気持ち、そのくすぶり。

監督との距離は近い。

しかし

それでいて
監督は彼を弁護する意味合いでこれを撮っていないのは明白だ。

巧妙だと思うのは
佐村河内氏側から見れば
「自分の生活を撮って」くれている
「自分の言い分を流して」くれている
「(新垣さんではなく)自分に密着して」くれている
のであり

紛れもなく「監督は自分サイド」
自分を信用しているという錯覚もするだろう。

だからこそ
警戒心の強い佐村河内氏が
ドキュメント映画を許したと思う。

何度か監督が
「私を信用しているか」
「私があなたを信じていると思うか?」
信じてるフリをしてるかも
と訊いたりする。
「…そうであれば僕の責任だ」と佐村河内氏は答えるが、本意ではないだろう。

それによってむしろ
彼は監督を完全に信用してしまったように見える。


だが最後の仕掛けについては
監督がどう持ちかけ、どう納得させたのか。
佐村河内氏も
どんなメンタリティでこれを受け入れ取り組んだのかはだ。

監督が最後の仕掛けを撮ることで
映画として観客をFAKEしたわけだ。
映画としてのオチをつけたのだ。

しかし果たして全てを通じて佐村河内氏は何を得たのだろうか。
少し(?)の出演料と見合うだけの何かがあっただろうか。

佐村河内氏が映画を最後まで観ても
真の狙いまでは読み取れないだろう。
揶揄されてるようには思わないだろうし
森監督もそういう風(一見彼の味方のよう)に撮っている。

豆乳やほっぺ芸、猫を撫でる仕草
彼の人間臭さや妙な愛らしさは可笑しさをさそう。
稀代のペテン師という感じには見えない。

そこも
彼自身は狙っているわけではないだろうが
監督は狙っているのだ。

沿線の電車の騒音
意識的なカメラワークも
ついつい
「聞こえているのか否か」
「反応するのか否か」
見てしまう。

会話を手話で伝える
奥さんとの二人三脚は完璧かどうか
ほころびはないか
疑惑の目で観察してしまうよう仕向けられている。(と思う)

直射日光がダメなはずでは?とか
杖は要らないのですね…
とか報道で観た過去の細かい記憶も蘇る。

映画の流れとしては

聞こえているという疑惑に対して
ほとんど聞こえていない、ゆがんで聞こえるのだ
という訴えから

「新垣氏は全部作ったというが
構想は自分が作ったので共作なのだ
という訴えに移る。

しかし外国人の記者に「作曲したなら証拠を見せて」
「シンセはなぜ捨てたのか」など
厳しく追及され、まいってしまう場面も映し出される。

この映画の中では、
新垣氏や神山氏が「森監督の取材を断った」と説明されており
何か不都合があるのか?
そこをもやもやさせるのも狙いかもしれない。

最後の仕掛け…に興じる彼(と奥さん)は自然だった。

監督の仕組んだ
「演技」をさらりと
いともたやすく違和感なくやってみせたのだ。


それによって
彼(奥さんも含めた)は世間の上に立った気持ちでいるだろうか。
それによって
彼は何かをさらに失ったのではないか。よくわからない。

ただ
監督の狙ったテーマはグレーゾーンだと思う。
「この男はこう言っていて、こう振舞っている」
何がハッキリするということもないが、まあよく考えてくれ

貴方が見たり聞いたりしたことにも
虚構が混じっているかも。
ということではないか。

佐村河内氏は今日もあの部屋にいるのだろうか。

世界的な音楽家という地位も失墜し、
400人いた友人も消え去ったというが
彼を支えているのは
可愛い猫と優しい奥さんなのは間違いない。

posted by 彩賀ゆう at 13:50| 大分 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする