2015年07月03日

大食い女子バトルに釘付け

もえあず 大食い .gif

最近また「大食い」自慢の若い女子が人気だ。
オシャレでかわいらしい彼女達、笑顔がまぶしい。

が…ひとたび料理の皿を目にすると、本能が目覚める。
食欲をカメラの前で露呈することに恥じらいはない様子。食べて食べて食べつくす。
最近有名なフードファイター女子、
アンジェラ佐藤、ロシアン佐藤、もえのあずき、木下ゆうか、ミスさちよなどなど、
三宅智子
の大食い暦は長い。
ひとりで番組を渡り歩いているギャル曽根とは一線を画し、

彼女達はあるときは仲間、あるときはライバルとして大食いのレースを戦う。
かつて食物バスター的な女性はわしづかみで口に詰め込めるだけ詰め込んだり、
それもままならず口の端から見苦しくはみ出ていたりして、
見てはいけないものを見たような気持ちに襲われた。

しかしそういう人は消えた。最近は「綺麗に食べる」というのが基本のようだ。
食欲もあるが女性性は忘れない。今は「時間内にどれだけ綺麗に食べるか」という戦いであり、
ずっと見ていられるスポーツのようなすがすがしさがそこにはある。

ポップに食を楽しむロシアン、見守りたい少女のようなもえあず、
チーム戦では責任感を見せる体育会系のアンジェラ…
それぞれのキャラや、得意分野などの特徴が面白い。
そして女の子ががっつり食べている姿って見入ってしまう。

皿を重ねるうちに明るく幸せそうな時間が過ぎてゆき、
忍耐の時間が訪れる。ある者は手を止めため息をつき、ある者は立ち上がって食物の嚥下を促す。

ひとえに「大食い」といってもそれは「マラソン」のようなもの。
ペース配分、そして駆け引き、自らの弱みと強みを熟知して挑む戦い。

アメリカチームにはで負けた。当然といえば当然かもしれないが、
大きく差がついた最後の最後まで「自分との戦い」をやめない大和魂。
大食い女子のかっこよさに快哉を叫ぶ。たかが食されど食。
元気を貰えるフードファイターは立派なアスリートなのだ。

ビジュアル的な大食いバトルはエンターテイメントとして確立。

今後も視聴者を釘付けにするだろう。
posted by 彩賀ゆう at 15:43| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421727569
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック