2015年06月21日

谷川俊太郎先生。偉大な詩人であり愛すべきかわいらしさ。

谷川俊太郎.gif

谷川俊太郎先生

教科書に載っている詩人の先生でご存命。
教科書に載る人は故人が多かったので
「生きているのですか!!」
「昔の人だと思っていました」

と驚かれたりするらしい。

谷川先生の詩はほんとにさまざま。
そして幅広く「どうとらえてもいいんだよ」と読んだ人にイメージを任せる。

「二十億光年の孤独」という
スケールの大きなデビュー作品もあるが

笑ってしまう「おならうた」もある。
いもくって ぶ
くりくって ぼ
すかして へ
ごめんよ ば
おふろで ぽ
こっそり す
あわてて ぷ
(…とまだ続く)


テレビに谷川先生が出ているとついつい観てしまうのだが

あさイチのゲストで長くおしゃべりしてくれた。今回も楽しい。

最後は
「生き生きしてればいいんですよ。言葉が」
「生き生きしてれば悪口だっていいの」

などと言っていた。
谷川先生が言うとなんだか説得力がある気がする。

でも言ったことや書いたことはすぐ忘れるらしい。それもまたいい。
posted by 彩賀ゆう at 00:16| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421020734
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック