2015年06月18日

むしろ飾らないエリカ。そっち方向推しで。

沢尻エリカ6.gif

で、ようこそ、わが家へ最終回まで
こうなるだろうとかいやあの真相はこうだろうとか
あーだこーだ、脳内を楽しませてくれたドラマだが

相葉ちゃんがしっかりするまで
ほぼエリカ劇場

まあ冒頭からパソコンを打ちながら「これは〜の物語」って
語ってる時点でエリカ演じる「明日香目線」の物語。

そして特筆すべきはエリカの美しさだった。

ここでのエリカは赤いリップは塗っているものの
ライターらしくアクティブでマニッシュなカジュアル。
それがエリカの美貌をここまで際立たせるとは
…と改めてハッとさせられたのだった。

近年のドラマは「ファースト・クラス」など
いかにも「へルタースケルター」からの
女っぽくとんがったエリカがハマるだろうと
配された役柄にイメージが固定化されがちだった。

だが、この神取明日香役でのエリカの使い方は斬新といえる。
衣装も感情も抑えた無機質さが新境地。
最後の最後で涙を流すところも
ここにおける明日香ならではの泣き方だった。

一方やっぱり無邪気なエリカも捨てがたく
これは「飾らない方向」の中のもう一つだが
『新宿スワン』のスリップ一枚で「笑顔の脱走ジャンプ」のあどけなさ
まあ役柄はクスリ漬けの風俗嬢なのだが…
あの場面のエリカの気合の入ったはじけようといったら
映画史に残るくらいのインパクト。
彼女いわく「スワン愛」のなせるわざなのだろう。

役に入っているエリカはいつも徹底している。


最近「あ…そっか、エリカってハーフだった」と思ったりもするのだが
彼女の美貌のみならずダイナミズムみたいなものを
枠にハメてはいけないような気がしてくる。今更ながらだが。

紆余曲折ありつつ
改めて「日本で仕事しよう」としているエリカ29歳
今後歳を重ね、彼女ならではの解釈で生まれた魅力的な役を
これでもかと見せて欲しい。


posted by 彩賀ゆう at 00:08| 大分 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック