2015年06月13日

改めてあの時代のマッドマックスの凄さを思う。

madmax2.gif

30年ぶりにマッドマックスの新作が出るということで

おぼろげに覚えている3部作を
しっかり観てみた。

うら若きメルギブソンの「マッドマックス」1979年

ババーン!とホーンセクションが響く音楽や
乾いた質感の映像に時代を感じる。
しかしアクションの猛烈さ、エグ過ぎるカーチェイスの果ての爆破

蛮行を繰り返す暴走族は
遂にマックスの妻子を手にかけた
鬼と化したマックスは完膚なきまでに叩きのめす
MAD(狂った)MAXになったのだった。

そう、あの場面

勇敢な妻は暴走族のボス・トーカッターに狙われ
機転を利かせて股間を蹴飛ばして一旦は逃げ切った。

だが凶暴な男…しかも仲間が多数
そんな男にダメージ(数時間で復活できるくらいの)を与えるのは
危険極まりなく、もちろん半殺しでも怖い。
でも、ああするより仕方なかったのか。辛い。

しかしこのハイスピードには驚愕、震撼。
CGのない時代にめちゃくちゃなことをやっている。
愛車のインターセプターで大暴走するマックス。
息つかせぬ展開に日本中が狂喜したのも納得だ。

1作目でマックスの復讐は終わる。
しかし家族を失ったマックスは
完全にアウトロー化し
2作目では世捨て人のように砂漠をさまよっている。
精悍なマスクは無精ひげだらけのワイルドさに。

マッドマックス2は「石油」を巡っての攻防。
最初は「移動の為」に石油採掘所にかけあって分けて貰おう…
くらいのつもりが
やっぱりここにも暴走する蛮行野郎達が現れ
採掘チーム達に非道なことをやらかしている。
このままでは石油だって危ない。

で、採掘チームに協力し取引を持ちかけるマックス
危険を冒してタンクローリーを持ってくる。取引はそこで終えたが

その後、蛮行野郎達に狙われマックスの愛車は大破、
瀕死で片目が潰れた彼は
タンクローリーで石油の移動を主導することを申し出る。
採掘チームは移動中に無残に殺されていくのだが
マックスは果敢に悪人どもを壊滅させる。
人数は減ったが採掘チームと石油は移動成功。

北斗の拳誕生に影響を与えまくっている本作。
とにかくこの環境、そして人物デザインが秀逸である。
ヒューマンガス&ウェズ凄いインパクト。
飛行機おじさんやブーメラン小僧もいい味。

マックスのセリフが少ないだけに
脇役キャラの鮮明さに目を見張る。

そして…「これはマッドマックスじゃない」と言われた
3作目のマッドマックスサンダードーム

砂漠で窃盗にあって馬車や持ち物を失ったマックスは
奇妙な都市に…

この話は短くまとめるのが大変なので割愛。

とにかくティナターナーの存在がすごい。

マックスも子供らとの絡みが多く
サンダードームで大暴れ…を見守る様子は
「ん?インディジョーンズか?これ」と思った。

カーチェイスらしきものはとりあえず
最後に用意されているのだが
ティナターナーを滅ぼさず。。。
高笑いのティナターナー(幕)

全く別物と思えばいいのだろうが
同じ監督でここまでテイストが変わるのもすごい。

今回マッドマックスの「特集」を購入し読んでみたところ
監督が親友を亡くし弱っていたときの作品のようだ。

「勢い」「鬼と化したマックス」要素はなく
カリスマ機長と間違われるマックスはコミカルですらある。
登場人物らのデザインは面白い。

で、20日公開の新作。
2時間ずっとクライマックス(町山氏談)という
トムハーディー版のマッドマックス4
こちらは2の系譜のようだ。
またもやギラギラした頃に戻ったジョージミラー監督。
3部作を作ると言っているようだ。

個人的にはやはりメルギブソンで観たかった。
問題児と言われているメルだが
反省に反省を重ねている近年、もう禊は済んだと思いたい。

干され→復帰してから最近は毎年1本ペースだが
歳をとっても俳優としての魅力は健在だ。(監督としても凄いが)
「復讐」する役も多く、今でも「マッドマックスイズム」を感じるのだ。

posted by 彩賀ゆう at 00:27| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック