2015年06月10日

斉田さんのポーカーフェイスと無茶振り返しがクセになる…NEWSWEB24

斉田季実治.gif

NEWSWEB24は始まった当初から観ているが

いつしか「名物化」したのが、気象予報士・斉田季実治氏への
鎌倉アナの「ムチャ振り」と(橋本アナのときより過剰に)
それをやおら冷静に切り返す彼の見事なアンサーぶり。

大体が相好崩さずクールであり
あまり寄り添わないコメント
…を意識してそうなのだが

例「猫や小型犬の入るパーカーの話題→
「斉田さんは犬派ですか猫派ですか?」
「どちらかというと大型犬です」

例「次は光輝いている斉田さんで〜す!」
「(ふっ…と笑顔)今のは原稿読んでましたね

しかし
おっとり鈴木明子さんの「斉田さんのターンが見たい」には
少し恥ずかしそうに180度振り返っての登場を見せたりもしている。

あるとき盛り上がったやりとりは
「斉田さんの『必殺技は何ですか?』」
斉田さんの笑い声がうっかり入る
「鎌倉さんの『必殺技』はムチャ振りですね」

この返しもなかなかのカウンターパンチだが
「斉田さんが笑った!!!」
「笑い声がっ!!」
「クールな斉田さんを笑わすとは」

と…笑ったことに関してのツイートが続々と。

風邪で声が激変していたときも、心配を含め凄い反響があったが

毎度「鎌倉アナ」のニヤッとした挑み顔と
それをバッサリとうまく斬り
即何事もなかったように淡々と気象予報を始める流れは痛快でもあるし
変な余韻も面白い。

「今日はこう来たか」
「今日は振りがなかったな〜」
いつしか術中にはまっている。

困惑しているように見える斉田氏だが
構えながら内心楽しんでいるに違いない。
淡々としながらも「俺うまいこと言った」という表情に見えなくもない。

「NHK」で「ニュース番組」という堅い枠内でのお遊びだから
その反射神経と言葉選びの妙に
よりウィットを感じるのだ。

斉田氏の「キレ」「刹那の困惑」どちらも面白いので
それを引き出す鎌倉女史もますます振りに磨きをかけてほしい。

posted by 彩賀ゆう at 00:35| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック