2015年04月21日

64…ピエール瀧の苦悩顔がなかなかの迫力。

ピエール瀧.gif

NHKドラマ「64」を観てみたが

まあ全編に漂う暗い空気、そして映像のシャープさといったら。。。

主役はピエール瀧

言葉は少ないが

苦悩する苦い顔のドアップ…
重苦しさ倍増である。

本人ラジオで
「俺を主役に据えるなんざ〜NHKさんも終わってるよなあ〜♪
どうかしちゃったんじゃない?」

と言っていたくらいに

あの苦みばしった表情の裏では
おちゃらけた本当の瀧が
「このくらいでいいかしら〜♪
いかめしく作ったクドイ芝居〜♪」

と思っているかもしれず。

ピエールの役どころは警察官(警視)
64年(7日間)の誘拐→殺人になった、現在時効間近の事件を追う
高校生の娘…(心の病があった)は行方不明のまま
現在警務部長の管理下におかれ、不本意な立場になり、
記者クラブも敵に回してしまっている。


という流れで、笑顔などは全くない。
とにかく陰鬱とした空気の中でピエールの顔に影が落ちている。

テレビのモニターで
あれほどの圧迫感を感じることも少ない。

濃く奥行きもある大岩のようなピエール。
「昭和顔」ということで抜擢という説もあるが

寡黙な役なのに顔面の訴えがすごい。
(北大路欣也でさえ、正面はデカイが奥行きに欠ける。
ヤクザ系の迫力でいえば中尾彬や六種さん…竹内力などがいるだろうが)

この役、威厳や貫禄も必須だが、
愚直さも漂わせつつ
腹にただならぬものをたぎらせている
そんな顔面
ピエールをおいていなかったかもしれない。

ただこの重苦しさと
苦い表情の大きな顔と向かい合っているのは
かなり陰鬱とした気持ちになる。最終回まで耐えられるかどうか。





posted by 彩賀ゆう at 23:49| 大分 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック