2015年03月03日

ヨルタモリの宮沢りえママがなんかぞくぞくする

ヨルタモリ 宮沢りえ.gif

ヨルタモリのママが宮沢りえ

最初は「ママ」って感じじゃない気がしたし

今「売り出し中」の若くてピチピチした女優でもなく

その抜擢にはいささか驚いたが

もうすっかり「ママ」としての風格や客あしらいが身についている。


最初はタモリの懐を借りて…ということもあっただろうが

今は如才なく
「WHITE RAINBOW」という世界観の中で女王のようにひとり輝きを放つ宮沢りえ

すべてはりえの手中に掌握されていると感じる。

押したり引いたり、やはり単なる若い娘にはできないこなれ様である。

水を得た魚のよう

という表現があてはまる。

ここに抜擢した人はすごい慧眼だ。


「宮沢りえ」自体が玄人にモテるイメージ。

天真爛漫から貴騒動で一気に薄幸さを身にまとってしまったが

ワケありっぽいちょっとした悲壮感を湛えつつ、チャーミングなノリのよさを見せる…

より包容力を感じさせコケティッシュな危うさ満載。

それこそ男性のツボなんではないか。



彼女は演技も含めいまや「デキる女優」になった。

天海祐希の代役を数日で自分のものにし、舞台を沸かせる

近作では複雑な役どころ・映画「紙の月」宮沢りえの魅力が生きた作品だ。


「ヨルタモリ」においては

タモリの自由空間になっているが、徐々に「タモリ目当て」ではなく

りえママ(むろん光子さんではなくりえ)目当てで視聴する人が増えているのではないかと想像する。

疲れたときに、ムショウにりえママが欲しくなる。

なかなか中毒性のある番組だ。


posted by 彩賀ゆう at 08:25| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414957502
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック