2013年08月03日

ジェット桐生くん マイペースで走り抜け!

桐生祥秀.gif

大分市で行われている全国高校総体男子100メートルで
今ノリにノッている桐生祥秀選手(京都洛南3年)が
10秒19

さらに
 男子200メートル決勝で20秒66(向風1.4m)の大会新で優勝、
100メートル、400メートルリレーとの3冠を達成。
高校総体短距離3冠は、94以来19年ぶりということだ。

桐生選手が4月の織田記念陸上で10秒01を出した為に、
以来「100メートルの9秒台」への期待が集まり過ぎて気の毒ではある。

6月の日本選手権男子100メートル決勝では桐生選手ではなく
20歳の山縣亮太選手が1位を奪った。

陸上の記録で0コンマ何秒かの伸びを期待されるというのは酷だ。
伸び伸びと走れていたときだからこそ10秒01が出せたかもしれず
ここから先は妙に注目されたり、勝手にがっかりされたり
彼にとっては試練でしかない。

まだ高校生。どこまで「自分との闘い」として割り切れるか。
マスコミに潰されないでほしいのである。
posted by 彩賀ゆう at 07:22| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック