2010年04月27日

コメンテーターの椅子は大丈夫か…マルシア

マルシア.gif

昨日12時過ぎ

つけっぱなしのテレビが「ひるおび」になり

滅多に観ないのだが目をやると

沢尻エリカ離婚か?!

てなことを大々的に取り上げていた。

ふうん…もう?

とは思ったけどそこまで特集組むようなものか?

と思ってて

恵がマルシアに「どう思う?」って訊いたところ





「…てゆか

どうでもいい


これにはみんな失笑

他のコメンテーターも恵も言葉さえ失う。

慌ててマルシア

「あ…わたくしにとってですよ」って。おいおい、フォローのつもり?

そして
周りがざわざわ言ってる中で
「いや、いろんな夫婦ができたときに離婚するかなって
そういう中では早くに離婚しそうな…」

これから沢尻夫婦について
ドでかいボードが出てきたり
下世話に邪推しつつ掘り下げる…って時にだ。

マルシアにとって何がどうでもよくて
何がどうでもよくないのか…よく知らないが。

コメンテーターでギャラ貰ってる人として
自由過ぎる!!とこに…笑えた。


恵も他のコメンテーターも番組スタッフも
ハッキリ言って沢尻が離婚しようがしまいが
「どうでもいいですよ〜♪」


ただ単純に
多くの人が観てくれれば
スポンサーの品物のPRになる
自分の貢献度も上がるかもしれない
メディアに顔を出してうまく喋れたら
次の仕事が来るかもしれない…

だからやってるだけ

喉まで出掛かってる言葉を堪え
その退屈な時間を堪え
あくびをかみ殺しながらやっつけてる番組だろう。

その妥協を思うと
正直過ぎることがおかしいやら悲しいやら。

昨年夏は毎日のりPの話題で
たいして変わらない情報を毎日ほじくり返していた「ひるおび
コメンテーターが気の毒だった。

視聴者が観たがってるはずだ」という
勝手な決めつけも傲慢。
情報も出てこないのに「おさらいを」って…
いいよ!もうおさらい


私も5年くらい前にこのブログを始めたときは
その日に起こった芸能を絵にして語っていたが

だいたい一周してしまうと
話題に出る(話題を売る)人達は限られてくるし
面白いことばかりでもない。

なので2年くらい前から
勝手ながら
なんとなく頭に引っかかったことだけを書いているので
幾分マニアックなとこもあるけど…お許しを。

先日ゴールデンラジオで
室井佑月が
「60本週刊誌やらの仕事があったけど
同じ事柄については同じ感想しか持てないし
心にひっかかることが一週間でそう多くないし
ほぼ同じ内容のコラムをとある人に投書で咎められたりしたらしい。
それで20本に減らしたということを言ってたけど
まあやっぱりそうなると思う。

室井佑月は自分の興味のない話題にも
がんばってコメントしている…アッパレ。

コメント放棄してマルシア…何しに来てる?
…かといって政治の話ができるということもない。

「今さらマルシア?」感もありありだから
麻木や室井以上にどうでもいいことにガンガン発言しなければ。


確かにしょーもない話題に長時間裂いて
ボードに夥しい紙を貼り付け
剥ぎ取りながら語る
ひるおび

…だるい。

マルシアのめんどくささも理解できるけど
ギャラ貰って座っている以上
どう見てもひるおび一味なんだし。

どうでもいい」…
それ言い出したら確実にTV番組半分以上減るだろね。


posted by 彩賀ゆう at 20:15| 大分 ☀ | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

人生得するトレーニング
Excerpt: 最近、ビジネス関連書籍やテレビなどで 速読が話題になっています。 以前のNHKテレビ「シャキーン!」では速読家の板倉様が 「今日の30秒」に出演していました。 図書館にいる板倉様が30秒で普通の..
Weblog: 日本茶の間録
Tracked: 2010-04-29 21:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。